ブログ

2016.11.9

若穂のお家にて床フロアー工事が始まりました。

若穂のお家にて無垢フロアーの工事が始まりました!

dsc_0245

1階担当の大峡棟梁です。

無垢の床材なので一枚一枚、木の癖を確認しながらの作業になります。

色合いも含め、全体的な白太と赤身のバランスを木と会話をしながら選別していきます。

dsc_0243

若穂のお家の無垢フロアーは、『杉材』です。

やわらかいのが特徴ですので、素足での肌触りが温かく感じます。

香りも良く、端材はスノコ板などにも使えるのも、無垢材ならではの特徴です。

現場の中の香りが杉のいい香りで充満しております♪

さて、現場の外の方では外壁工事も進められておりますよ!

dsc_0247

飛散防止シートに囲われ、全景が見れないのですが、セントラルウッドデッキ部分です。

設計コンセプトでもある、3っのブロック分けされた住空間を全て繋ぐセントラルデッキ。

居室とGL(グランドライン)との距離感を縮める役目も果し、且つ

居室の中にいながら、外の庭にいるような感覚になるトリックがあります。

大きな吹き抜けがある1.5階が特徴の若穂のお家です。

2016.11.5

AFTERS STORE開店しました!

2週間の工程を終え、無事に工事が完成し、

11月3日にOPENいたしました!!

16-11-03-17-57-46-782_deco-1

16-11-03-17-57-20-264_deco

最終工事の杉の床板張りに、双に和む家の若手大工が活躍しました!

一枚一枚の杉板の風合いを見ながらの作業です。

ありがとう青山大工!!

dsc_0193

出来ることは、自ら作業するというDIYを貫いた、

オーナー様の力作でもあるパケットフロアー張り。

根気のいる作業の結果、とても素敵に仕上がりました!

dsc_0195 dsc_0196

一枚一枚、手で張って仕上げました。

もともとは、小学校の床に使われていた材料をリノベーションして再利用!

これは、住宅にも使えそうなオシャレな雰囲気になりますよ!

sc2

夜の雰囲気です。オシャレなアパレルをお求めの方は、ぜひご来店ください!

sc6 sc7 sc8

OPENおめでとうございました!今後の企画などなど楽しみにしておりますよ!!

↓ ↓ 詳しくは・・・

img_2514

2016.11.5

千曲市のお家にて手漉和紙が登場です!

ひとまず棟梁お疲れ様でした!

dsc_0167

「こりゃ~良い家になるぞぉ。」とすべての作業を終えた棟梁。

dsc_0150

dsc_0147

双に和む家の木匠達から内装工事職人達に『バトン』を渡され、現場では

左官職人や内装和紙職人が、内部の仕上げを行い始めました!

16-11-03-17-56-49-781_deco

↑ ↑ 内山手漉和紙ならではの『くいさき』です。

この端の部分の『くいさき』は和紙と和紙の重ね部分を美しくしてくれます!

dsc_0209

和紙独特の良い香りがなんとも言えないほど優いんです。

色合いも、同じものがないのも手漉和紙の良いところですね。

sc3

左官職人のコテさばきです。

sc5

本物の『珪藻土』を塗っております。

sc4

珪藻土や手漉和紙で仕上げていく壁や天井。

工事用の灯光器に照らされて良い風合いを演出してくれます。

仕上げに向けて、双に和む家の職人たちが丁寧に手掛けて行きますよ!!

2016.10.28

AFTERS STORE新店舗工事が進みます!

長野市下氷鉋にてAFTERS STORE新店舗工事が進んでおります!

洋服のデザイン事務所を中心とした事務所なのですが、コチラの事務所では、

イベントホールや喫茶、クラブといったアミューズメントを併用した空間になります。

オシャレな音楽を聴きながら、お酒を飲んだりできたりと、楽しい『場』になりそうです!

dsc_0178

dsc_0175

dsc_0173

双和の木匠達により、5寸角のヒノキ柱が加工されております。

外観もオシャレに仕上がりますので、OPEN寸前でまたご紹介いたします!

 

2016.10.28

篠ノ井のお家が始まります♪

大変長らくお待たせいたしておりました。

篠ノ井のお家がいよいよ着工となります♪

ご家族様と入念なお打ち合わせを行わせていただき、特製ドアノブまで預かりました(笑)

「おとぎの国のお家」と題して設計させていただきました篠ノ井のお家は、

わがままいっぱい詰まった遊園地のような?楽しい空間になります!

p1010696_r p1010682_r

基礎設計の為、地盤調査を入念に行います!

もともと他社さんでのご予定をされていたご家族様ですが、

契約寸前に弊社にご相談いただき、手書きのエスキースプランで一転。

「こんな素敵な間取りを提案していただいて!」と感謝されました。

奥様に気に入っていただき、ありがたき感謝です。

ご家族様のお家を造る事の想いが、「双に和む家の想い」と繋がった証でしょうか。

私達、双に和む家のファミリーに仲間入りです♪

今、事務所で当時の手書きのエスキースを見ながら、「いよいよだな」って実感いたします。

さぁ楽しいて可愛くて「おとぎの国のお家」を手掛けさせていただきますよ!!

2016.10.15

柳原のお家も階段施工!

柳原のお家も造作工事が進んでおりますよ♪

本題の階段のオハナシに入る前に、ちょいと柳原のお家の設計コンセプト

となる、ごくごくほんの一部を説明いたします。

最近の新規分譲地の「あるある」

南側に建っている建物の日影になってしまうため、

リビング南側を贅沢に吹き抜けにし、高所からの日の光をリビングの奥まで

取り入れるように設計いたしました。

%e6%9c%80%e7%b5%82%e3%83%91%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%91

やみくもにリビングに掃出し窓(テラス窓)を設置し、毎日毎日

前の建物の外壁や窓を見る事の苦痛になるのであれば、

空間を縦に使い、空を見れるほどの高い位置に窓を設けると、

部屋の中がぐんっと明るくなりますよね?

スキップフロアーを上手く配置することで、リビングセントラル階段になります。

子供たちが『ワクワク♪』しちゃう空間の出来上がりです!そうすると・・・

おのずと、パパやママだって楽しくなる空間になるのです。

その土地、景観にあわせて、建てるお家の使い方や、

暮らし方を根本的に考えていく事は重要ですよね。

dsc_0141

日に日に出来上がっていくお家の空間。

現場では、何やら階段施工の打ち合わせ最終チェックが行われております。

私も含め3人で、考え中・・・。色々なアイディアがバンバンと飛び交うなか、

三者とも納得いく納まりに決定!!!棟梁も「この納まりは、おもしれーな!」と大絶賛!

空中に浮くようなスキップフロアーがホント楽しそう ♪ ♪

dsc_0142

リビングダイニングの全景です。

前面の南側には建物があるのですが、画像を見ても十分室内が明るいのが見えますか?

(一切画像は加工しておりません)

工事用の40Wの電球が2つだけ。というより、十分明るいので不要かも。

吹き抜けからの光のカーテンが落ちてきているのも確認できますね♪

今後はアイランドキッチンが施工され、造り付けカウンターが施工され、

造り付け棚が施工されると、棟梁から、内装工事屋さんに「家造りバトン」が手渡されます。

dsc_0140

スキップフロア階までの、化粧階段も仕上がっておりました!!

完成までもう少しです。双に和む家の現場監督の小林も自ら「ニッチ棚」を手造りして、

サプライズを考え中だそうです♪ なんだかすごく楽しみです!!

2016.10.13

千曲市のお家にて第2の○○完成!

連日に千曲市からの投稿です。

第2の階段の工事が進みますよー!

dsc_0131

加工台に置かれた、『雛壇』とも呼ばれる階段の側板です。

現場加工により、神社の池にかかる『反り橋』をイメージし、加工いたしました。

おそらく、この化粧雛壇での仕上げは、この世に二つとありません。

dsc_0126

どうしても、この雛壇を設計したくて、何とか棟梁を説得!

双に和む家の棟梁により造りだされる芸術品とも言えます。

加工しながら棟、梁がボソッとつぶやく・・・『無茶言うよなぁ~』

いつもスミマセン 笑

dsc_0123

『のみ』で少しずつ、Rにしていきます。

階段の強度も考慮し、階段材のメーカーさんとも打ち合わせをし、設計強度を保ちます。

dsc_0139

実際の階段が納まりました。

そこでまた棟梁がボソッとつぶやく・・・

「まぁなんてことでしょう~♪」これには、ウケました 笑

某テレビ番組○フォアー○フターのナレーションのマネ。

でも、ほんとになんてことでしょう~ですね。

階段の雛壇が弓道の弓のように楕円を描く、由緒ある階段になりました。

ありがとう宮崎棟梁!!

dsc_0109

一段床が上がった畳コーナーのディテールも出来上がってきました!!

ランマ格子からこぼれる光のラインが印象的になり、

仕上がりには間接照明が演出してくれます。楽しみだなこれは。

dsc_0111

床の間も格式あるディテールに設計しました。

落し掛け+下がりR壁 この納まりも双に和む家ならではの独特の雰囲気を出しました。

dsc_0108

畳コーナーの全体的な雰囲気です。

手前にも下がりR壁があるのが見えますか??

階段も含め、この3っの楕円部分は、完成し間接照明が点灯されると、

その「癒しのあるからくり」がご覧なれます♪

ここで施主様にクイズを出します。

どことどこを点灯するとこの楕円の光の影(カットライン)が、

癒しを演出する空間になるのか??影が奏でるスキップリビングを

楽しんでくださいね♪ けど先に言っておきますが。。。

ヒントも答えも断固して教えませんよ!!笑

と。皆で想像しながら、『双に和む家』の職人さん達はお家造りを楽しんでおります!

完成までもうじきです!

1476087052940

↑ 建築とは関係ありませんが、先日に行われました、

24年に一度の湯福神社の御柱に参加させていただきました。

前職の親方ともお話でき、楽しく貴重な経験をさせていただきました。

1476269464853

御柱の先導をさせていただき、無事に御柱が建てられました。

善光寺門前町を練り歩き、色々な住宅をゆっくり見れたのも、良い経験でした。

これらは必ず私の住宅設計の糧になります!

2016.10.3

千曲市のお家にて階段工事が始まりました。

内部の造作工事が進む中、1階では木匠による『階段工事』が始まりました♪

こちら千曲市のお家には、お家の中に階段が『3カ所』もあるんです。

階段が3っも!?とビックリされる方もいらっしゃるかと思いますが、

各所の動線に合わせて、フロアーごとにアップダウンがたくさんある設計になっております。

dsc_0078

棟梁の熱い背中。階段材の側板を施工している最中です。

1㎜もずれたりしてはならない作業。

細かい納まりの打ち合わせや指示をしてからは、無言。ただただ無言。

あまりに集中しているので声をかけず、そーっと施工風景を観察中。

dsc_0079

夕方には1カ所目の階段が終了しました!

『双に和む家』が得意とする、スキップフロアーにさらにスキップダウンフロアーを書斎に採用。

なんだか、からくり屋敷!?秘密基地!?のような間取りになっております。

本日からは、2カ所目の階段の施工が始まりましたよ!

2カ所目の階段は、釘やビスを使えないので、さらに難しい納まりになっております。

そこに棟梁が一言、「こりゃ完成すると、いい階段になるぞぉ~!」と。

なんだかんだ言って、棟梁が一番楽しんで作業しております。

いよいよ2階へ上がり、1階へ下がったりするのに必要な工事用梯子が外されます。

階段の仕上がりがワクワクしますね!ん~待ち遠しい!!

コチラ千曲市のお家も、素敵でワクワクしちゃうお家に仕上げます!!

2016.10.3

THE GARDDY! ご来場ありがとうございました! 

昨日のイベント『THE GARDDY』を無事に終えることができました!

たくさんのご来場者様にお越しいただき、本当にありがとうございました♪

dsc_0085

_20161003_163258

dsc_0088

心地の良い『音楽』や『ダンス』を聞いたり見たりしながら、飛んだり跳ねたりww

木のおもちゃといっぱい遊んだり、タイルコースターを造ったりと、

たくさんの子供たちの笑顔に出会えることができました。

_20161003_162734

dsc_0084

次回も、VILLA DES MARIAGES NAGANOさんで開催予定ですので、

今回これなかった方は是非ご参加ください。

14582457_1673724336289133_3395973831414775808_n

14540657_1798861273662027_2929597235551272960_n

14498841_204644696614870_5270298628836032512_n

14448440_196001844155354_473814061880967168_n

14334674_118996768564786_5987549384059912192_n

14269089_348812875458334_2173165787198521344_n

dsc_0087

dsc_0090

Thank you VILLA DES MARIAGES NAGANO!

Thank you MEALRECORDS!

Thank you everyone!また次回も楽しみましょう!

 

 

2016.9.27

柳原のお家にて手形ペタペタ~。記念日です♪

昨日、柳原のお家にてメモリアルオブジェの撮影が行われました。

新築記念の想いと、『今』を残す手形のオブジェ。

子供たちの成長とともに、大きくなる手型は二度とこの小さな手に

戻ることはありませんので「今」を「このお家のキヲク」に残す。

家造り参加型の記念オブジェです。

dsc_0058

dsc_0049

お家が完成すると見れなくなってしまいますが、

ファミリームービーでの『キヲク』は一生残ります。

dsc_0046

dsc_0043

小泉による撮影が行われました♪

カメラに向かって、娘ちゃんたちがしっかりポーズしてくれてます♪

手に塗る絵の具の色を決める時も、ホントに仲良しで、

色の譲り合いが微笑ましかった仲良し3姉妹ちゃんです!

お陰様で、いぃ映像がたくさん撮影できました。ありがと♪

撮影後も少し打ち合わせを行わせていただき、ユニットバスが完成しているのを

見ていただき、早々パパさんにデモンストレーションしていただきました♪

お風呂入るよ~!のパパさんの掛け声に、は~ぃ!って4人で入浴♪

あがるよ~!のパパさんの掛け声に、は~ぃ!ってお風呂をあがり。

ん~~!!!見ているだけでホント微笑ましいです 笑

そんな中、

「色々な住宅屋さんを見てきましたが、双和さんの造るお家って不思議です。」

とお言葉をいただき、「楽しいんですよ。着飾らない言葉とか、高橋さん直球でしょ?」と。

「お金のハナシもしかり、適材適所のオシャレな空間を提案してくださり、

そこで一つの家族の物語を語るじゃないですか?それ好きなんですよ。」と。

「結局住む人と、造り手の想いがリンクしないと、ちぐはぐだらけで、

この家にどう住んだらいいのか、解らないと思うんです。」

「だから住宅展示場とか行ってみるんです。」と。

「高橋さんたちと話していると、ウチの家族たちを住ませても

大丈夫だって気持ちになるんです。むしろ早く住みたいです。」

ホントに温かいエールのようなお言葉を戴いた反面。

過去に勉強会を行った時の話を思い出しました。

「知っていて行く事」と「知らないで行く事」には大きなターニングポイントになる

恐ろしいほどの違いがあるのです。

家を持つということは、アパートの家賃がもったいないから。とか、

家賃並みに返済していけるからとか、そんな考えを前途にしては、

決して「いい家」は建ちません。まずは家造りの土台をしっかり固めてから。

どんな生活をしたいのか、どんな住宅にしたいのか、どんな生き方をしたいのか。

この3点は、失敗しない家造りには最低限必要です。

 

さて、こちら柳原のお家では、木匠棟梁による内部の造作工事が引き続き行われます。

仕上げ工事も含め、サプライズ工事。何にしようかな?

家族の物語を考えながら、棟梁とオハナシしていこうかな。

こちら柳原のお家も楽しくワクワクしちゃうお家、手掛けて行きます。

14285575_1085229288239926_1

↑ ↑ さてさて!今週末はヴィラデマリアージュに集合ですよ!

家造りとは全く関係ありませんが・・・笑。 みんなで楽しみましょう!!

dsc_0060

 

dsc_0063

会場施設の打ち合わせにヴィラデマリアージュに行ってきましたよ!

塀を入ると・・・異空間だな。。。

dsc_0072

↑ 当日用の巨大パズルA 出来たどぉ~!!

すごく難しいから是非チャレンジしてみてください!

ココでの出会いもご縁です。
人生で最も大きなお買い物、
住まいづくりについて 暮らし方やお金のコト
「知りたい」や「わからない」をご相談下さい。
ご縁がつながる第一歩をお気軽に。