ブログ

2016.12.10

完成見学会のご来場ありがとうございました!

本日は1日目の完成見学会へのご来場を誠にありがとうございました!

たくさんのご来場者をご案内でき、「こんな工務店があったんだ!」と、

色々なお褒めのお言葉を頂戴いただき、感謝感激です。

『はじめまして』からがお付き合いのはじまりです。

今後とも末永くお付き合いの程をよろしくお願いいたします!!

さぁ~素敵でワクワクしちゃうワガママないぃお家のデザインを考えますよ~!!!!!

ムービーは、明日も見学会会場のプロジェクターで放映しております♪

こんな素敵な家族に、双に和む家に住んでいただける事に『感謝』いたします!

双に和む家ファミリーに仲間が増えました♪

ナイター見学終了間際に、お施主様がご来場し、改めてゆっくりとオハナシができました。

想えば、長い様で短かった『お家造り』

その間、施主様も色々と感じ取っていただき、強い絆が生まれたんだな~って思います。

『双和さんに頼んでホントに良かった』としみじみ言われると泣きそうになりました。

携わる素材達や職人さん達までもが、ワクワク楽しみながら一つのバトンを

繋ぎ渡しながら造り上げてきた「お家」

さぁ~。 最後の『バトン』は双に和む家から、施主様へと渡されます。

これからが本当のお付き合いの始まりです。『どうぞよろしくお願いいたします。』

という想いを込めて・・・。

2016.12.7

なにかが始まる予感!?

先日、とある(私もちょくちょく通わせていただいております)施設の方が

来社され双に和む家の取り組みについて、打ち合わせがありました。

それは下の写真を見ていただくと、なんとなく解って頂けると想います。

dsc_0469

↑ ↑ ココは双に和む家にある2階の打ち合わせスペースの様子です。

今どきながら、テレビやDVDなんてありません(汗)

それでも子供たちは楽しく木と対話をしたり、学習しながら時間を過ごしております。

dsc_0465     dsc_0473

沢山遊ぶのは超ウェルカム~!!!けど散らかしたまま帰っちゃダメよ!!

って言わなくても、子供たちは自ずと打ち合わせが終えると片づけてくれます。感謝です♪

先日も工程の打ち合わせの時に来社してくださった子供達が、真っ先にココを占領。

 

お家造りの中で、どうしても出てしまう廃材達はTSUMIKIに変身しております。

是非貰っていって下さいな。TSUMIKIの数だけ打ち合わせをした証です。

2016.12.7

『使わせていただく志』

先日、飯山市の内山手漉紙を漉きあげている『阿部製紙』さんのところへ出かけてきました。

と言うのも、内装仕上材として「双に和む家」では、内山手漉き和紙を

使わせていただいており、最後の仕上げ用に『判子』を戴きに伺いました。

改めて工房の中を見させていただき、阿部専務さんとオハナシをさせていただき、

改めて色々な事を考えさせられました。

『双に和む家』が出来るまでに「どれだけの素材達を使わせていただいているか」

そしてその素材達が、お家の材料に加工されるまでどのような人たちが関わって来たのか。

素材達が職人さん達によって、材料に加工していただき、

その材料を棟梁や職人さん達によって、お家を造り上げていく。

手漉き和紙だけに限らず、お家が出来るまでのすべての工程において、

家造りの『バトン』は、素材がお家の材料になる時から始まっているんだと。

あまり多くは語りませんが、ホントに「双に和む家」は、

素材や材料や職人さん達に恵まれており、皆で造り上げている『お家』なのだと感じました。

dsc_0484

判子コレ使っていいから、勝手に判子押してっていいよ~って専務さんが言うもんだから、

ここぞとA4の障子紙に目一杯押させていただきました♪

dsc_0482

dsc06796

350年以上の歴史ある「内山手透き和紙」 その質感、保温、調質、風合い。また、

間接照明の灯りがあたると演出してくれる癒しと安らぎの和紙の表情。

古き良き時代から伝わる自然の原料を生かしながら、新たな地域の自然素材を取り入れて、

日々進化している「内山手透き和紙」充実した阿部専務さんとの時間を過ごせました。

貴重なお時間を、ありがとうございました。

dsc_0487

いよいよ今週末です。 千曲市のお家の見学会の準備が始まりました。

『床の間』は内山和紙の説明スペースとなっております。

2016.12.2

いよいよ明日開催いたします!!

柳原のお家にて、明日のみ『完成見学会』を行います!

本日、施主様が来社し、家具寸法や種類のアドバイスの「オハナシ」をしたり。

今頃無事お店について、吟味しているのかな???

dsc_0448

dsc_0422

dsc_0412

dsc_0408

明日、見学会にて見られるとは思いますが・・・ちょいとフライング。

悩み悩んで頂き、『双に和む家』に決定していただいてから10か月。

3人の娘ちゃんたちとも仲良くなりました(笑)

旦那さんとオハナシしていると、早く住みたい感がハンパぢゃなかったです(笑)

それだけ気に入っていただけて、また『満足』していただけて幸いです!!!!

双和さんて、ほんと『ワガママな家造ってますね』って。

最高のお褒めのお言葉も頂戴いたしました。ありがとうございます!

双和のお家にまた一つ仲間が増えました♪

いよいよ引き渡しとなるわけですが、建ててからがホントのお付き合いの始まり。

これからもよろしくお願いいたします。

2016.12.2

若穂のお家にて木工事完了。

先日、若穂のお家にて棟梁から塗装、内装工事にバトンが渡されました♪

3ブロックに分かれた部屋の中心にある階段の塗装が施されておりました!

dsc_0459

施主様の好みの配色にて『ブラック』がベース色になります。

白と黒とでシンプルモダンな住空間。

dsc_0463

造り付けの棚がいっぱい!!

dsc_0461

リビング吹き抜けは、癒しと寛ぎの時間を与えてくれます。

dsc_0460

ダイニングカウンターもオシャレです♪

工事も終盤を迎え、今月23日には竣工を目指していきます!!!

2016.11.29

千曲市のお家にてタイル・塗装工事です!

完成見学会を来月に控えた『千曲市のお家』

内部・外部ともに、仕上げ工事が始まりました!

dsc_0391

玄関ポーチでは、タイル工事が始まりました!

タイルの下地モルタルを施工した後、タイルを張っていきます。

dsc_0390

タイルが仕上がりますと、また一層に外観も引立ちますね。

寒い外での作業をありがとうございます!

dsc_0394

内部では、塗装工事が行われております。

手造りダイニングテーブルとイス達もきれいにウレタン塗装を施工していきます。

dsc_0405

dsc_0399

綺麗な仕上がりに、塗装屋さんも『満足』した様子です。

刷毛ムラもなく、鏡面のように風景を映し出しておりますね♪

たくさんの職人さん達が『一つのバトン』を渡して行きながらの作業。

いよいよ千曲市のお家が完成いたします♪

 

2016.11.20

千曲市のお家にて完成見学会開催!

 

chikuma_mizunotei2

dsc_0363

千曲市のお家にて完成見学会を開催いたします!

内部は、珪藻土や杉板や和紙など自然素材にとことん拘った空間。

1.5階建ての、使いやすくて癒されるお家が出来ました!

見どころは・・・

※アイランドキッチンから見渡せる和室、リビング、スキップフロアー。

どこにいても、家族の集まる場所が見渡せます。

※造り付けテレビカウンターの背面の素材。

カッコ可愛い素材を使い、違和感のないアクセントとなりました。

※格子とR下り壁が奏でる風合い。

およそ200本以上もの杉の縦格子が空間を魅了します。

※使いやすいパントリー&家事室が魅力的!

キッチンのすぐ横には、パントリーや家事室を設計。

ママ専用のお部屋があるって素敵ですよね!

※1.5階のスキップダウンフロアーには書斎もあります!

パパ専用のお部屋だって欲しい!そんなワガママなお家です。

ちょっぴり秘密基地な場所と、雰囲気が『男心』をくすぐります♪

※上がったり、下がったりある4層のお家

奥行きだけの視覚だけでなく、縦の視覚を使った設計となっております。

なんだか、お家全体が、からくり屋敷??ワクワクしちゃいますよね!!

他にもたくさんの見どころを備えた、ちょうどいい1.5階のお家。

『こんなお家が欲しかったの!』と感じさせてくれるお家が出来ました!!

また、当日は手造り体験「木のフラッグガーランド作り」も開催しております。

14540657_1798861273662027_2929597235551272960_n

お部屋に飾るとオシャレで可愛いインテリアになりますよ!

ぜひ皆様のお越しをお待ちしております!!

 

2016.11.14

御予約限定の展示会開催!

柳原のお家にて、ご予約様限定の完成見学会を開催いたします。

12月3日(土)午前9時~午後8時迄

事前に御予約が必要になりますのでご希望の方は、

有限会社 双和建設工業 メール info@so-wa.info TEL 026-282-5327

までご予約の連絡をお願いいたします。

御予約様の限定公開ですので、ゆっくりくつろぎながら見ていただく事を重点に、

解らない事、聞きたい事などゆっくり「オハナシ」しながら価値ある見学会の時間を過ごして

頂きたいと、今回の試みとなりました。

11月14日現在、午後の部はまだ空きがございます。

場所等の詳細につきましては、後日こちらからご連絡いたします。

<柳原のお家設計コンセプト>

※玄関ホールはゲストとオーナークロークが分かれておりママには嬉しい動線になってます!

※ホールからリビングに入ると・・・スキップフロアーがお出迎え?!

※ママにはとっても使いやすいアイランドキッチンを採用しました。

※3姉妹の子供さん達もみんなキッチンでママのお手伝いができるね!

※敷地を最大限に生かし、縦の空間を利用しました。リビングがとっても明るいのです!

※子供たちが自然と集まりたくなってしまう場所を配置しました。ワクワクしちゃいますよね♪

※ママ友ランチも楽しめそうなカフェダイニングを採用しました。

※無駄な家具は購入しない!すべて造り付ける事で空間と家具を一体化。スッキリ!

※夜は夫婦の大切な時間を過ごしてほしいから全館間接照明でくつろぎと癒しの空間を。

などなどワクワクしちゃう!?見どころがたくさーんあるお家に仕上がりましたよ!

ぜひこの機会に限定見学会にご参加ください!

2016.11.10

千曲市のお家にて珪藻土工事が進みます。

引き続き、千曲市のお家では左官職人による『珪藻土』が塗られております。

珪藻土ならではのテクスチャーは光を得ては、影を生み出す美しい仕上げです。

20161109_163400

夜になると、間接照明に照らされた『珪藻土』が影を演出し、癒しの空間になります。

20161109_163505

dsc_0250

芸術アートの様に、すべての面の塗り終いには額縁仕上げを施しております。

左官担当の丸平さんです。

お昼の時間には丸平さんと、茶室の話や千利休の話などで盛り上がり、

現代の住空間にも取り入れる事が可能かどうか、試験塗りを試したり・・・w

楽しいんですよ。ホント。

左官コテが奏でるアートを適材適所に表現しております。

そう、現場に携わる職人さんや、ここにいる左官屋さんも

楽しんで作業をしていただけるのも双和ならではですね。

伝えなくとも、アイディアをカタチにして、「この塗りパターンどう?」と、

バンバン投げかけてくれる双に和む家の職人さん達です♪

本日、畳の採寸に来た畳屋さんもその仲間の一人。

dsc_0252

dsc_0254

近年では、新築時に畳そのものがなくなりつつある現代住宅。

畳はあっても、畳の敷き方までの作法がでたらめだったり・・・。

畳の敷き方や、切腹の間を回避する作法など

住宅を提案する側も、畳の事をもっともっと知っていてほしいもんですね。

 

さぁ~。こちら千曲市のお家も完成に近づきます。

奥様曰く、『早くこのお家に住みたいー!!』って言うのも間近ですよ!!

このお家を建てるに、全ては30回以上の打ち合わせに参加していただき

本当にありがとうございました!!&お疲れ様でした。

住まう人と、造り手がアイディアを共感共有する事の大切さを感じていただくと、

自ずと、いいお家が出来上がるのです。

まずはゆっくり「オハナシ」をして価値観を共有する事は家造りには、

とても大切な事であり、重要な事です。

言葉にならない想いまでを、一つ一つ拾い集めて提案するのが双に和む家であります。

2016.11.10

柳原のお家にて内装工事が始まりました。

柳原のお家では、棟梁から内装屋さんへとバトンが引き継がれました!

いよいよ工事も終盤です。

先日、内装工事着手前に木工事完了の検査を行いました。

dsc_0237

南面の太陽の光をふんだんに取り入れる為に設計した、スキップフロアーです。

これにより、リビング~ダイニング~キッチン全ての室内に充分に自然光が届きます。

司令塔かの場所に子供たちの居場所を設けると、子供心に『ワクワク』しちゃうんですよ。

dsc_0236

分譲地ではどうしても、前面の建物の影により1階は暗くなってしまいますが、

階段部分を生かした設計をし、縦の空間を利用し自然光を取り入れております。

dsc_0238

子供室の天井梁です。

力強い梁に、ハンモックやブランコを吊るして遊べるのも住まう人の楽しみですね♪

子供の成長に合わせて、ドア上はロフトを設計できるよう考慮しております。

dsc_0224

和紙張りでも活躍する、『双に和む家』の内装職人達。

内装材の張り方向の最終チェックを行いました。

dsc_0241

外観は足場が外されて、建物も気持ちよさそうです♪

引き渡しまで間近となりました、柳原のお家です。

コチラ柳原のお家では完全予約制のみでの見学会を開催いたします。

日程は、12月3日(土)のみAM9時~PM8時までとなります。

見学ご来場をご希望の方は、メールかお電話でご予約をお願いいたします。

※双和通信の見学会ご案内等も行いませんのでご了承ください。

TEL 026-282-5327 担当 高橋健太 もしくは090-4719-0298

メール info@so-wa.info 担当 高橋健太

どちらも、柳原の見学会の希望とお伝え下さい。

ココでの出会いもご縁です。
人生で最も大きなお買い物、
住まいづくりについて 暮らし方やお金のコト
「知りたい」や「わからない」をご相談下さい。
ご縁がつながる第一歩をお気軽に。